読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SQLを勉強するためにおすすめの本はありませんか?

SQLを勉強するためにおすすめの本はありませんか?と聞かれたので下記におすすめだと思う本を書いておく。
でも、本って人によって良い悪いは変わるものだから本屋さんに行ってパラパラ開いて読みやすそうなものを買うといいよ。

マンガでわかるデータベース

まずは軽くこれ読むのもいいかもしれない。
マンガでわかるデータベース (単行本)
4274066312

改訂新版 反復学習ソフト付き SQL書き方ドリル (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

羽生さんと和田さんが書いた本。この本が今回紹介する本で一番売れているんじゃないかな。SQLを実行する環境が手に入るってのはいいよね。
改訂新版 反復学習ソフト付き SQL書き方ドリル (WEB+DB PRESS plusシリーズ) (大型本)
4774130850

現場で使えるSQL 第2版

よくあるSQLでこんな検索したいんだけどどうすればいいのかが書いてある本。一度本屋で立ち読みするよし。
現場で使えるSQL 第2版 (DB Magazine SELECTION) (単行本(ソフトカバー))
4798112267

Bronze Oracle Database 11g SQL基礎I編

しっかりやるならオラクルマスター教科書がおすすめ。資格取得の本なので実務で使用しないような細かいことまで覚えないといけない感じになるけど、体系的に学ぶにはいいんじゃないかな。この業界に入った新人さんには必ずOracleMasterを一年目にとっておくのがいいといつも勧めている。
Bronze Oracle Database 11g SQL基礎I編(試験番号:1Z0-051J) (DVD付) (オラクルマスター教科書) (単行本(ソフトカバー))
4798116610

さいごに

私はどうやってSQL覚えたかな〜と思い出してみるととにかく本を読みまくった。
今もそうだけど技術書を読む時にわかんない単語があったら飛ばしまくれ - あおうさ@日記で書いた読み方でとにかくいっぱい本を読むことが一番いいんだと思う。とにかくいっぱい本を読むことというのは知識をいっぱい溜め込むためというよりも下記の2つ

  1. 自分にあった本を探す
  2. 自分の理解を確信して自信を持つ。

1.は、いっぱいある本の中からまだ技術書をあんまり買ったこともないのに最初からいい本なんて探せる訳がないというのが私の考え。そして、本は向き不向きがあって私が良いといったものが必ずしもその人にあっているかはわからない。という訳で本をいっぱい読むことは自分にあった本を探す行為そのものだと思うんです。買ってよくわからなかったらおいておけばいい次、次に本を買いましょう。よくわからないのは本の書き方とかが自分にあってないんですよ。絶対にあなたが悪いわけではない。
2.は、本は大きく2つの側面があって「新たに知識を覚えること」と「自分の知識が正しいことを確認すること」。すでにわかっている分野の本を読むのは簡単でかつ面白い。自分の知識に確信を持てるようになって自信を持てるようになることが大事。だから私は入門と書いてあるような本を今でも買うときがありますよ。
この2つをどれだけ早く身につけられるかが早く成長するか決めるんじゃないかと思ってる。